TAG 変化球の投げ方

下半身を鍛えるトレーニング方法について

ランニングやダッシュなどの下半身を鍛えることは投手として最も大事なこと。これを疎かにすると質の良いボールが投げれません。全ての動作の起点は下半身で、上半身は下半身の動きの惰性で動くために重要。野球というスポーツの中では全…

握力・指の力を上げる方法

握力はストレートや変化球には必要な力。さらに指の握力は特に重要で、 指の力が強いと変化量が上昇します。このページでは握力を上げる方法、 指の握力を挙げる方法の中で、有効な方法をいくつか紹介します。

インナーマッスルの鍛え方と鍛える意義について

近年、インナーマッスルを鍛えることは球速アップに効果があるとされ、それとともに故障の抑止にも繋がるため投手には重要なポイントとなっています。ゴムチューブ、ゴムバンド、で部分的なインナーマッスルのトレーニング方法やボールを…

ゴムチューブトレーニングについて

肩周りのインナーマッスルは球速アップだけじゃなく、故障防止にも。インナーマッスルの低下が原因と思われる肩痛に悩まされる人はかなり多いです。特に野球肩の人はインナーマッスルが弱いことが原因になることも。ゴムチューブトレーニ…

コントロールを上げる方法について

■コントロールを上げるコツとは?? 大事なことは、正しいフォームで投げること、そして安定したブラッシングで投げること。ブラッシングが安定するとボールのリリースがわかりコントロールがよくなります。 ソフトのピッチングは70…

離塁と走塁について

■ランナーは離塁するとアウトになります。 ソフトボールにも盗塁はありますが、投手が投球を開始しないと塁から離れることができません。そのためソフトボールの盗塁は非常に難しいものとなっています。

ピッチャーのルール

■ピッチングルールも野球と違います 投球は完全静止の状態から投球動作に入ります。投球の際にはプレートに軸足を残したまま、片方の足を1歩踏み出します。 投球の腕の回し方は、ウィンドミル・スリングショット、エイトフィギュアの…