ストレートの投げ方・握り方について

ストレートも立派な変化球。ピッチングの基本であるストレートは変化球と違い球威で勝負するため鋭い回転とスピードが求められます。 バックスピンによりまっすぐ進む変化球でありバッターの手前でも減速しにくい球種です。スピードが速いからこそ、変化球が活きる。変化球が活きるからこそストレートが活きる。

スピードの差があることが変化球の条件です。従ってストレートはスピードが要求されます。ソフトボールは野球のボールより空気抵抗を多く受けるのでスピードが出にくいのですが、上野投手などの一流選手では100km以上の球速がでます。

野球よりもバッターボックスまで距離が近いため、100kmだとバッターの体感速度は100kmだと160kmにも感じるそうです。ソフトボールのストレートは野球と多少概念違い、基本的にソフトボールの投球にはストレートという球種はなく、ライズ系のファストボール、ドロップ系のファストボールといった具合に呼ばれている。




ストレートの握り方・投げ方

野球と同じく、ボールの縫い目を直角に人差し指と中指で押さえて握る。基本となるのは人差し指・中指・親指の3本でホールドすること。縫い目の一番狭い所を直角に人差し指と中指で押さえ、親指・人差し指・中指の3本の第一関節から先の指紋で押さえること。ストレートの場合、縫い目にしっかり人差し指と中指がかかると、回転が増え、威力がさらに増します。

親指と小指も縫い目にかかっていると回転がよりかけやすいでしょう。投球の基本となる球種ですので、じっくり磨いていきましょう。リリースについてはストレートの握り方で各種フォームからそのまま投げるだけです。なお、人差し指と中指の感覚は狭いほうが良い回転がかけられる。手のひらとボールの間には空間を作ること。薬指と小指は軽く添える。

                                 q qq

ストレートのまとめ

ほとんどのピッチャーの基本の球種であり、体への負担が最も少なく、通常はこのストレートを中心に投球します。キレがよくノビのあるストレートは体全体のパワーをフル活用して投げる。そのためには下半身のステップは重要。プレートを強く蹴り、ボールに体重を乗せ、腕を大きく回して、素早く腕を振り下ろすことが大事です。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!