スリングショット投法の投げ方(リリース)とフォームについて

■現在使い手の少ない投げ方です
最近ではこのスリングショット投法を使う投手は全く見られなくなっています。スリングショットとは、パチンコのことを指します。腕を後ろに大きく振り上げ、その反動で前方に振り戻して投げる投法で、その姿がパチンコに似ていることからこの名前がつきました。

q

重心を両足に同じくらいにかけ、腕をゆっくりと後方に引いていき、腕の上がる限界の大体90度くらいまで上げたらグラブを持つ手で反動をつけながら膝を90度くらいの角度のまま前に足を踏み出します。

大きくステップを取り、ボールを持つ手を振り下ろしながら重心を落としながらボールをリリースします。使い手が少ない分、ウィンドミルに慣れたバッターに対しては非常に打ちにくい有効なフォームですが、球速もつきにくく、変化球が投げにくいという欠点があります。たまにタイミングをはずす目的で投げてみてはいかがでしょうか??

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

 

記事がためになったらシェアをお願いいたします!