チェンジアップの投げ方・握り方について

チェンジアップはバッターの意表をつくための球種で、緩急をつけるために使います。速球との球速差が、チェンジアップの効果を高めますので、使いどころが重要となってきます。しかし、見切られたらかなりの確立で打たれてしまうため、ストレートと同じフォームで投げれることが重要となります。

ストレートと思い、振りぬこうとしたら全然遅い球だった・・・と、相手の不意をつくことを目的としています。基本的にチェンジアップの投げ方は自由です。自分だけの握りを見つけてもいいでしょう。




チェンジアップの握り方・投げ方

その1
野球のパームの握りのように、小指と親指で軽く持ち上げて残りの指はカモフラージュのために軽く添える。

その2
野球のナックルの握りのように、人差し指、中指、薬指で指の第一関節を二本ないし三本曲げる。もしくは薬指を曲げてボール中央部にまげて当て、親指と薬指で挟むようにもつ。スナップが利きにくいため投げにくい。

その3
野球のサークルチェンジの握りのように、人差し指・中指・薬指の第一関節をはずして握り、親指と小指でボールを押さえる。親指と小指は縫い目を握るとコントロールがつくが、球速はやや速い。握らない場合はコントロールは悪いが球速は遅くなる。さらに関節だけで押さえるとさらに遅くでき、指の部分で押さえると球速が速くなる。最も主流の投げ方。

q qq qqq

まずボールを外側に向けて腕を回転させ、手の甲から振り下ろす。リリース時は手のひらの下から小指側に転がしながら抜いて投げる。または、手のひらを投げる方向に向けて思いっきり腕をふり、人差し指か小指でひっかけて押し出す。

リリース前に肘と腰を接触させて投げるとリリースのタイミングかわかり、コントロールしやすいが、スピードがやや速い。手の甲を上にしてキャッチャーにパーを見せるようにリリースすればよい。肘と腰が接触しない場合はボールのスピードが殺せるが、コントロールがつきにくい。手首を逆ひねりし親指でボールを押すようにリリースする。

チェンジアップのまとめ

こちらがボールをリリースする瞬間まで、なにを投げるかわからないようにリリースすることを練習しましょう。ストレートとのモーションの差異が少なければ少ないほど効果的です。見切られる回数が多いようなら、まだあなたのチェンジアップは実戦では使えないでしょう。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!