シュート(スクリュー)・ツーシームの投げ方・握り方について

上野投手が習得し、金属バットをへし折ったことが有名な球種です。利き腕方向に変化し、非常に打ちづらい球種です。ゴロにするなど打ち取ることに長けている変化球ですが習得は難しく負担も大きいです。現在ソフトボールにおいて投げることができる投手も圧倒的に少なく、非常にマスターが難しい分、強力な変化球です。




シュート(スクリュー)・ツーシームの握り方・投げ方

      q qq

スライダーと同じく中指をボール右側の縫い目の上におき、人差し指を縫い目に立ててかかるように握る。さらに親指をボール下側の縫い目にかけます。中指との開きを大きめにすると回転がかかりやすいと思います。

後ろから肘を曲げて腕をふり、肘をやや曲げて肘からふり降ろすようにする。手首を持ち上げ小指側から入れ、人差し指と中指でスナップをきかせるバックスピンを与えます。指と手の甲を上にして、手首を返しながら人差し指でボールを押し出すようにリリース。

ボールをより後ろでリリースすると有効なので、リリース後も腕を前に出さないように注意しましょう。また、ライズボールは腕の振りが強くないとボールが上がらないので、腕の振りを速くするために右脚の引きつけを速く強く行う練習をしましょう。

腕を内向きに回しながら、外側にねじりながら小指と薬指の間から抜くようにしてリリースする。非常に投げづらいので習得は困難。野球と同じ、U字2シームのグリップで投げるスクリューボールリリースで、「手首が自由」に使えないと投げられません。腰にぶつける、いわゆる「ブラッシング」の動作はありません。

シュート(スクリュー)・ツーシームのまとめ

とにかく習得は困難ですが、バッターの打ちにくさも天下一品!!習得できたらあなたにとって最大の武器になるかもしれません。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!