カーブの投げ方・握り方について

野球でもおなじみの変化球です。投手の利き腕と逆方向に変化しながら沈んでいく球種です。球速が遅めの変化球なので、緩急をつけることができます。




カーブの握り方・投げ方

通常のストレートの握りよりも、指の間隔を広めに取り、人差し指を軽く曲げ縫い目にかかるようにし、中指との開きを大きめにすると回転がかかりやすいと思います。腕が太ももを越えるあたりで、手首を内側にひねりながらボールをリリースします。カーブはスピードが遅いほど良く曲がりますので、速球と緩急をつけるように使用しましょう。

     q qq

カーブのまとめ

遅い球種なので、バッターに読まれるとヒットになりやすい。どれだけバッターに読まれにくいように投げれるかがポイントとなります。速球と区別がつかない投げ方を身につけ、上手く使い分けましょう。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!