ムービングファストボールの投げ方・握り方について

不規則な縫い目の通過や回転軸のズレなどによって微妙な変化をもつボールです。ストレートだと思っていたら手元で上にあがる、落ちる、スライダーする、シュートするなどランダムに変化をするのが「ムービングファストボール」です。




分かっていても打ちにくい、“変化する速球”ムービングファストボールです。この球種を投げるのに適した投法が肘を伸ばして腕をまっすぐ振り下ろす「クロケット型投球方法」です。

主な投げ方はストレートを少し握り方を変える、投げ方を変えるこ、フォームを変えること。これらを複雑に組み合わせることにより、打者に打たれないような変化球を投げることができます。

ムービングファストボールの握り方・投げ方

ストレートの握りを多少変えることにより、ボールに伝わる力や回転が変化し、様々な変化球を投げることができます。縫い目から指を外す、ずらすなどが必要です。また、握る指の数を増やしたり、指と指の間を離したりすることによって、様々な変化をかけて投げることができます。握り方はいく通りでもあり、自分で新しい握りを生み出すことも可能です。様々な握りでの投球を試してみましょう。

変化するボールを投げるためには、腕を伸ばして振りおろし、太ももに当たった時に手首を操作します。大事なことはストレートを少し握り方を変える、投げ方を変えること、フォームを変えること、これらを複雑に組み合わせることにより、打者に打たれないような変化球を投げることができます。手首を動かし、手のひらを内側に返す、外側へ向ける、上方向へ曲げること等により、シュート・ライズやドロップといった変化を加えることができます。

     q qq

ムービングファストボールのまとめ

意図的にムービングファーストボールを投げるのは多少難しいかもしれません。
もしも意図的にコントロールできるとすれば・・・とんでもない武器になりますね。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!