コントロールを上げる方法について

■コントロールを上げるコツとは??
大事なことは、正しいフォームで投げること、そして安定したブラッシングで投げること。ブラッシングが安定するとボールのリリースがわかりコントロールがよくなります。

ソフトのピッチングは70~80%がブラッシングで決まると言っても言い過ぎではありません。これがきちんと出来てればスピードも自然に早まるでしょう。しかし、ブラッシングだけでなく 足腰が強くないと球速もコントロールもつかないのでランニング、ダッシュなどで下半身を鍛えましょう。

投手の正規の距離から

これは基本の練習です。壁やキャッチャーに対してきちんと実践と同じ距離から四隅へ投げるという正確なコントロールを身につける練習をすること。毎日の経験が実践で役立つのです。

工藤投手式

まず最初は10メートルくらいの位置から投げます。 その距離でどこからも文句が出ないくらいコントロールがついたら、次は1歩下がってまた同じことをします。 このようにしていくと、正規の距離まで下がったときにあなたにはかなりのコントロールがついている・・・と言う練習方法です。

投手の正規の距離から

まず、投げる時体が横を向いて顔は正面を向いていると思われます。その状態で腕を一回転させるのではなく、頭の上にボールを持つ手がくるようにします。そこから、一回転される時と同じように投げ、ストライクになるリリースポイントを見つけること。

これにより腕を一回転させた時も半回転の時と同じリリースポイントで離すことができるようになればボールをコントロールをすることができるようになってくると思います。

投球フォームの改善

制球向上には、投球フォームをきちんとすること。まずは、自分にあった安定したフォームを実につけること。これが最低条件です。軸がぶれていたり、投球時にきちんと目標を見て顔を動かさないことなど・・・、フォームをチェックし、正しいフォームで投げることでコントロールは大きく調節することが可能となります。中途半端に腕を振るとリリースの感覚がばらつきます。必ず同じリリースポイントで投げること。

ボールを上に投げる練習

外で上を向いて寝る。そして出来るだけ高く上に向かってボールを投げてそれを素手でキャッチする。家でする場合は天井ギリギリに投げる。シンプルな練習だが指先の感覚をつかむのには適した練習。

軸足ジャンプ

まず投球時の軸足をレッグアップした状態のまま上に高くジャンプし、着地の時に静止する。バランスが悪いと真上に飛ぶことが出来ない。軸足を強化する。

一本足反復キャッチボール

基本は、投げる腕の肘を肩よりも上げてトップを作る。トップを上手く作れたら、体を回転させる。そうすると腕の振りがしなるような感じで回転の良いボールが投げられるます。この基本は、どのポジションについても当てはまります。ピッチャーの場合は、下半身を安定させて、バランス良く投げる事が大切です。その為の練習方法として、「1本足反復キャッチボール」を試して見ましょう。これが出来る様になると、もっと良い球が投げれる様になり、キャッチボールが今までより上手くなれます。

やり方は、足を上げて軸足1本で立ち、しっかり止まった所からスタート。基本を守りながらボールを投げたら、今度は踏み出した足で1本立ちをしましょう。蹴り足は、上げたままで地面につけてはいけません。グラグラとしない様に、3秒ほどしっかり止まる様に頑張りましょう。しっかり止まれたら、蹴り上げた軸足を後ろに引き、スタートした時の足を上げた姿勢に戻って3秒ほど止まりましょう。これを反復しながらキャッチボールをしてみてください。投球バランスが良くなって、無駄な動きがなくなります。従って、コントロールが良くなるはずです。

ノックで鍛える

ノックというのは守備のトレーニングですが、実はピッチングにも良い影響があります。まず、ノックではボールを捕ってから早く送球を行おうとするためバックスイングがコンパクトになります。バックスイングがコンパクトだと、塁上にランナーがいたときに有利で、バッターもタイミングがとりにくくなります。

逆に送球時のコントロールを上げるためフォロースルーは大きくなります。長嶋終身名誉監督の現役時代の送球時の腕の伸ばし方が良く物まねされていますが、あのような大きなフォロースルーには実用的効果があります。ノックでは往々にして十分な体勢を取れないままボールを投げなければならず、そのため、送球フォームが一定になりません。そのため、いろいろな送球パターンが脳内に蓄積されることになり、ピッチング時に「こうすれば、このようにボールが行く」といった予測をする勘が養われることになります。

当オススメ!増淵まり子ピッチングメソッド

シドニー五輪メダリストの増淵まりこさんのピッチングフォーム理論のすべてが詰め込まれた教材です。この教材は全国で6千人以上会員がいるソフトボール上達法を提供する研究会が紹介している教材の中で最も売れている教材です。

記事がためになったらシェアをお願いいたします!